パーソナルクリエイター イトケンのブログ

メニュー

Netflixが、嫌いです。

Netflixが、嫌いです。

僕は動画配信サービスとして、
NetflixとAmazonプライムビデオを契約しています。

この2つで大体の作品を網羅できるので、
見たい作品を見逃さずに助かっています。

しかし、
どうしても気に入らないことがあります。

それが、
Netflixのとある機能です。

クリエイターへの敬意が感じられない。

 

それは、
オープニング・エンディングのスキップ機能です。

海外ドラマなどの流し見で、
OP・EDを飛ばしたい人はいるのでしょう。

でも、
一つ一つの動画を楽しみたい人にとって、
OP・EDのスキップは、
視聴者の楽しみを半分以上奪っています。

 

アニメ・映画・ドラマには、
視聴者を楽しませる仕組みが、
端から端まで考え尽くされて配置されています。

例えば、
アニメのエンディングが終わった後に本編の続きを入れる、
Cパートという手法があります。

前半をAパート、後半をBパートと呼ぶので、
エンディングのさらに後ということでCパートなんですね。

このCパートは、
たまに存在するというのがミソなんです。

Bパートで平和に終わったかと見せかけて、
エンディング後のCパートで突然の銃声…!!
 
みたいな、
続きが気になるようなどんでん返しを作れるわけですね。

 

でも、
スキップされるんです。

そう、Netflixならね。笑

 

じゃあ、
Cパートがある時だけスキップしないとしたら?

それは、
「この後Cパートがありますよ!」
と言ってるのと同じ。

ただのネタバレですよね。

 

 

これとは逆に、
オープニング前に本編が入る、
アバンタイトル(通称:アバン)という手法もあります。

これも本編が始まる前の導入として、
続きが気になるきっかけを与えます。

推理ドラマで言うと、
最初に殺人現場と犯人の後ろ姿が映って、
その後オープニング→本編に入る、
みたいなパターンのことです。

これも全てカットされます。

観たい人は、
わざわざ動画を巻き戻して、
最初から見る必要があるんです。

 

これが、
Netflixオリジナル動画だけを配信してるならいいんですよ。
OP・EDなんて飾りなんだという
Netflix側の意思表示ですから。

 

でも、
他人が作ったコンテンツに対して、
「ここは要らないでしょ?」と、
スキップさせたり画面を小さくさせる行為に、

どうしても腹が立つんです。

 

僕はサポートという仕事柄、
他人のコンテンツに携わることが多いです。

写真や動画を撮る時も、
ブログを作る時も、
「この人 / このコンテンツは素晴らしいなぁ」
という敬意を持って接しています。

「今の表情めっちゃいいなぁ」とか、
「なるほど、そう言う考え方があるんだ!」とか、
何かしら尊敬するポイントがあるからこそ、

僕が成果物としてお渡しするものにも、
熱意とクオリティーが乗っかってきます。

だからこそ、
安易に他人のコンテンツを飛ばすような、
Netflixの態度が許せないんです。

『嫌い』から分かる本当の自分

 

何か、もしくは誰かを『嫌い』になるのは、
個人の価値観によります。

全人類が嫌いなものというのは存在しませんから。

裏を返せば、
あなたの価値観は『嫌い』に隠されていることがよくあります。

 

人間関係だと分かりやすいですね。

・仕事の遅い人が嫌い
・時間にルーズな人が嫌い
・身だしなみに気を遣わない人が嫌い
・馴れ馴れしい人が嫌い
・会話が弾まない人が嫌い
などなど…

よくある『嫌い』のパターンだと思います。

 

しかし、
1つの『嫌い』からも、
様々な『価値観』の可能性が浮かび上がります。

仕事が遅い人が嫌いという人なら、
こんな価値観を持っているかもしれません。

 

・私より仕事してないのに同じ給料をもらってるのが許せない
 →仕事をした分だけの対価が支払われるべきだ
・仕事を効率よくこなさない意味が分からない
 →仕事に無駄があってはいけない
・仕事に対する態度が気に入らない
 →人生において仕事が一番大切だ
・他人に仕事を押し付けてるのにヘラヘラしてるのがイヤ
 →自分の仕事は全て自分がこなすべきだ
などなど…

 

僕のNetflix嫌いの例で言うと、

「人の作った動画をわざわざ飛ばすなんて信じられない!」
→他人の考えや意図は尊重すべきだ

となります。

他人を尊重すべき、という価値観を持っているので、
ベンチャー企業の社長やアスリートのような、
人とぶつかって競争するような仕事は絶対に向いてないですよね。

逆に、
お客様をたてるような、
接客などのサービス業は向いているでしょう。

現在僕が提供している、
カメラマンビジネスサポートといったサービスも、
誰かがコンテンツを持っているからこそ成り立っているので、
僕の価値観にもちょうど当てはまっています。

 

何かにイラッとしたら、
あなたの天職・価値観を見つめ直すいい機会と思って、
『嫌い』の源泉を見つけてみましょう!

何度も考えていくうちに、
あなたらしさの共通点が見つかってきますよ。

 

それでは。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE